ちょっとしたニヤニヤ出来る話し

日常で起こるちょっとだけ笑える話しを発信します。

エレベーターの中で・・・

 

f:id:wepm111189:20200814170148p:plain



 

 

どうも。

笑ゥサラリーマンです。

 

今回のお話しは、昔にクレーム対応で起きたエレベーター内での出来事です。

 

どんなに怒っていても、人はやはり恥ずかしい場面の時は何とか誤魔化そうとするものです。

 

現場で起こった品質クレーム・・・それはそれはお客様も、超お怒りでした。

女性のお客様ではあったのですが、かなりヒステリックな感じで甲高い声を出され、二度と怒らせたくないと思うほどの攻撃的な方でした。

 

女性『何を考えてるの?あなたたちは!?』

 

笑ゥ『大変、申し訳ありません。』

 

女性『現場の方たちは仕事をする気があるの?あなたの立場から見てどうなの?』

 

笑ゥ『本人たちも一生懸命はやっていると思いますが、至らない点は私の監督不行き届きです。』

 

女性『じゃあ、今回の事はどうしてくれるのよ!!!!?????』

 

笑ゥ『再度、手直しという事で作業には入らせて頂きたいと考えております。』

 

女性『それで?それだけで許せると思ってるの?』

 

笑ゥ『先ずは、現場をきっちりとした上でお話しをさせて頂ければと・・・』

 

女性『また、私の時間を奪うの!?あなた何様なの!?』

 

笑ゥ『そんなつもりはありません。ただ、先ずはサービス業として、ご提供する内容を見て頂きたい一心なのです。』

 

女性『上のフロアの仕上がりは見たの?』

 

笑ゥ『いえ、真っ先にご挨拶にこちらの事務所に足を運ばせて頂いたので、まだ全フロアの品質確認は出来ておりません。』

 

女性『じゃあ、上から一緒に私が気になる個所を伝えるから見に行きましょ!』

 

笑ゥ『畏まりました。お時間取らせてしまい申し訳ありません。』

 

・・・エレベーターで1階から5階へ・・・

エレベーターを呼ぶも、中々1階に降りて来ず・・・

 

笑ゥ『(遅)』・・・『(気まず)』

 

女性『こんな事で私の時間を取らないで欲しい。ホントにもう・・・』

 

笑ゥ『申し訳ありません・・・』

 

女性はかなりお怒りでブツブツ言い始めました・・・

 

 

 

ようやくエレベーターが来て二人で箱の中に・・・

 

5階のボタンを押して、ゆっくりドアが閉まりました。

 

すると女性のお腹の音が・・・!?

 

『ぐぅ~~』

 

笑ゥ『!?・・・(お昼前やもんな・・コントみたいな音やな・・・)』

 

『ぐぅ~~』

 

笑ゥ『(メチャ鳴るやん)』

 

『ぐぅ~~』

 

笑ゥ『(・・・ヤバい・・・面白くなってきた・・・笑ったらヤバイ)』

 

女性『ん~~ホンマにもう!』

 

笑ゥ『!?(お腹の音を「ん~」言うて誤魔化した!?)』

 

女性『ほんっまに~最悪やわ・・・』

 

笑ゥ『(ホンマにのセリフにお腹の音被せてきた!?ほんっまに~ 言うてるやん)』

 

エレベーターが遅いのもあり、私たち二人にとっては地獄の時間でした。

 

女性はあれだけキレてるから何とか誤魔化したい。

私は怒られているから何とか笑わない様にしたい。

 

二人の戦いは短い時間の中でしたが、とてもとても長く感じました。

 

5階に着いた時には、お互い検討を称えるかの如くで、女性もさっきまでの熱量は無く現場だけ確認して直ぐに問題解決となりました。

 

いやぁ、私の粘り勝ちですね。

 

ではまた・・・

何回言わすねん!

f:id:wepm111189:20200726112753p:plain

 

どうも。

笑ゥサラリーマンです。

 

最近、マスクをしているからか?

口の動きを見えないので、聞き直したり、聞き直されたりする事が非常に多いと感じているのは私だけでしょうか?

 

先日あった下記の話しも、何回も聞かれてしまって申し訳ないと感じる一方、これを何回言わせるねん!と思ったので、皆様に共有しておきます!

 

 

 

ある飲食店での話し
 
ある人と食事に出かけ、注文して席で食事を待っていた時の事です。
 
A『あーお腹空いた』
 
笑ゥ『ホンマやね。なんかお腹痛いわ・・・』
 
A『マジ?笑ゥさん、結構トイレの頻度高いな?』
 
笑ゥ『まぁそやな・・・ちょっとウンコ行ってくる。』
 
A『え?』
 
笑ゥ『ウンコ行ってくる。』
 
A『え?』
 
笑ゥ『ウンコ行ってくる!』
 
A『あー』
 
笑ゥ『(何回言わすねん 怒)』
 
 
 
私も『トイレ』とか『お手洗い』とか言うべきでしたが、一回目のボソボソと喋った単語を聞き直されたので、何度も隣に客が居ることも忘れ、『ウンコに行ってくる』を連発させてしまいました。
 
私も悪いですが、Aも悪いと思います。
話しの流れで席から立ち上がろうとしてるから分かるやろ!?
 
隣の席で食事をしていた人は完全に不機嫌そうな感じで、直ぐに食べて店を後にしました。
 
 

 
 
ある街中での出来事
 
Aと二人で歩ていると、前から尋常じゃ無い位のレベルの顎が出た人が前から歩いてきました。
 
笑ゥ『見て!前から尋常じゃない位の顎が歩いてくる!』
 
A『え?ジンジャエール買ってくる? 今?』
 
笑ゥ『違うわ!どんな耳してんねん! 前見て。尋常じゃないレベルの顎がこっちに歩いてきてる。』
 
A『え?なんのレベル?』
 
笑ゥ『レベルはええねん。物凄い顎!ほら! アインシュタイン並み。』
 
A『え?どこに犬おるん?』
 
笑ゥ『なんでやねん! 顎やアゴ!!
 
 
この瞬間、アインシュタインはすれ違い様のタイミングで、自分の顎を触りながら歩いて行きました。
完全に『アゴ』のワードだけ拾われたかと思います。
 
 
飛沫感染を防ぐのにマスクは今必須ですが、こういった会話のやり取りもあるので皆様気をつけましょうね。
 
 
今日はここまで。
ではまた。
皆様からのニヤニヤ出来る話しがあればコメントお待ちしております。

丁寧やけど下ネタやん・・・

f:id:wepm111189:20200725221754p:plain

 

どうも。

笑ゥサラリーマンです。

 

今回のお話しは、部下の顧客訪問の同行にて実際にあった話しを書いていきます。

 

部下A君は非常に天然でございまして、周りからも愛されキャラで通っているのですが、どこか我が強く『なんで、そうなるん?』という様な事が非常に多く存在します。

 

下記はある客先(マンション管理会社)での急な現場作業の見積依頼の出来事です。

 

 

お客様『すごい無理ばかり言って申し訳ありませんでした。』

 

A君『いえいえ。お声掛け頂き誠に有難うございます。』

 

笑ゥ『・・・(良い雰囲気)』

 

お客様『大体見て頂いた内容からどれ位になりますでしょうか?』

 

A君『そうですね。見積り金額に関しましては概算でしか今は言えないですが、大体○○円位かと思います。』

 

お客様『無理を言ってこんな事をお願いするのは恐縮ですが、出来ましたら予算の関係上▽▽円までにしてくれれば助かります。』

 

A君『当然、勉強はさせて頂きます。』

 

笑ゥ『・・・?』

 

お客様『もう御社しか頼む気は無いので何とか宜しくお願いしますね。』

 

A君『見積書の方はいつまでに提出させて頂いたら良かったでしょうか?』

 

お客様『来週中には頂けたら助かります。』

 

A君『畏まりました。迅速に対応させて頂きます。出来上がりましたら、提出後にまた連絡をさせて頂きますね。』

 

笑ゥ『・・・ 多いな』

 

お客様『本当に無理ばかり言って申し訳ございません。』

 

A君『いえいえ、入居者様の方々の事を考えると、早く問題解決した方がいいですもんね』

 

お客様『そうなんです。本当に助かります。ただ、金額に無理があるなら仰って下さいね?』

 

A君『まぁ、上司もこうやって同席してくれているので、何とかなると思います 笑』

 

笑ゥ『そらぁ任せて下さい 笑(調子に乗り始めたな・・・)』

 

A君『どうしても、金額のところで問題が出る場合は予め電話入れて相談しますね。』

 

笑ゥ『(!?金額?)』

 

お客様『是非』

 

A君『金額的にはご予算オーバーした場合、どこかのプランを削る事は考えになられていますか?』

 

笑ゥ『(!?金額とか言う???)』

 

お客様『まぁ、金額次第ですが予算内でのプラン組が出来ればと考えております。』

 

A君『出来る限り、金額を考慮して見積書を作りしますが、金額的に厳しければ、また電話させて頂きますね』

 

笑ゥ『(・・・さっき言うたやん。この会話。ってか金額て何やねん。何回も言うな。笑かしにかかってんのか?)』

 

お客様『本当にご無理ばかり言って申し訳ありません。』

 

A君『いえいえ。見積書が出来ましたらご提出はメールで宜しかったでしょうか?』

 

笑ゥ『!?メール??』

 

お客様『!?メール??』

 

全員『・・・』

 

お客様『メールで結構です。』

 

A君『畏まりました。入居者様への案内はこちらでさせてもらいましょうか?』

 

お客様『そうして頂ければ助かります。』

 

A君『畏まりました。では巨乳者への案内はこちらでさせて頂きます。』

 

笑ゥ『な、何故😱???きょにゅうしゃ???』

 

お客様『・・・そうしてください・・・』

 

 

 

いやぁ~途中までは良かったんですが、つい調子に乗るとこんな感じで伝説を生み出してしまう人って居ますよね。

なんか最後は下ネタに聞こえてしまい、私も完全に笑ってしまいました。

 そしてこの案件は当然流れました。

 

 残念でした・・・

 

ミルクボーイ

笑ゥせぇるすまんにハッピーエンドが存在した 悪魔のような喪黒福造が ...

 

どうも

笑ゥサラリーマンです。

 

先日の仕事での電話のやり取りを紹介します。

 

コロナの陽性反応に対する消毒作業は基本は現場の人達では実施せず、専門部隊に任せます。

陰性であった場合は、予防策として現場で実施してもいいのですが、金額が倍近く違うので、現場の人達は陽性現場に走りたいという思いがあります。

 

そこで、電話があった現場の人と私とのやり取りは次の通りでした・・・

 

 

現場『もしもし。笑ゥさん忙しいところすみません。』

 

笑ゥ『どうされましたか?』

 

現場『自分の担当する客先でコロナの消毒作業の依頼がありまして・・・』

 

笑ゥ『陰性ですか?』

 

現場『それが分からないんですよ。お客さんがハッキリ言わないので…』

 

笑ゥ『どちらかハッキリしないと身動き取れないですね?』

 

現場『ただ、お客さんはサッと短時間で簡単にしてくれるだけでいいから、と言うてるんです。』

 

笑ゥ『それなら陰性ですね。金額は弾けますか?』

 

現場『面積は分かるので算出出来ますが、分からないのは防護服など、感染しない様に完全装備で実施して欲しいとお客さんから言われているので、その分は幾らですればいいですか?』

 

笑ゥ『って事は陽性やないですか!お客さんが完全装備で来いという事は危険性が高いという事から、陽性者が出たという事でしょ?』

 

現場『ただ、お客さんの営業は止まってませんし、いつも窓口してくれている総務部長の人も陽性者が出たとかいう情報は持っていなかったので・・・』

 

笑ゥ『ほな陰性ですかね・・・総務部長は会社全体の状況を大体把握しているから、総務部長が知らんという事は予防策ぐらいの話しでしょうね』

 

現場『ただ、先方社長がPCR検査受けてから出社してないって言うんですよ』

 

笑ゥ『ほな、陽性やないか! 恐らく社長さんが陽性出たとなれば、会社として混乱を招いてしまう可能性があると踏んで、内密に処理したいという気持ちが見え見えのパターンやと思いますよ?』

 

現場『私もそうやと思ったんですが、、、先方曰く、作業は社員の出社していない深夜の時間帯にやって欲しいと・・・』

 

笑ゥ『陽性やないかい! 社内で消毒作業をするという事が社員にバレたら、誰か陽性反応出たのか?と騒ぎになるので、誰も見ていない時間帯に白々しく終わらせておくという魂胆がめちゃめちゃ出てる事象ですやんか!陽性で決まりですやん!』

 

 

といった様子で10分ぐらい色々とやり取りしました。

私は『この流れは・・・?』と咄嗟に気づいて楽しみながら話しをしていたのですが、現場の方は60歳を超えた年配の方でミルクボーイ自体を知らないとの事です。

 

こんな事もあるんですね・・・笑

では、また・・・

 

 

エヴァンゲリオンの様なお爺ちゃん

f:id:wepm111189:20200725221754p:plain

 

どうも

笑ゥサラリーマンです。

 

今日のお話しは・・・

 

<

 

 

先方への訪問時間まで、まだ少し時間があります。

私は駐車場に停めていたのですが、どうしてもお腹が痛く、お尻の穴をノックされるので仕方無しに100Ⅿ先のコンビニに行きました。

 

『これでトイレが使えないとかだったら・・・』

と、恐ろしさを感じながらコンビニに入ると、なんと2室もあるじゃありませんか!!

 

ただ、1室は女性専用だったので、もう1室をに入ろうとすると鍵がかかってます的なあの赤いマークが😱

 

もはや、直ぐにトイレに入れるつもりの体になっていたので、私は徐々に冷や汗が・・・

 

『女性専用の方でしようかな?・・・アカンアカン・・・そもそもこっちも鍵がかかってる。』

 

どうしようと思って待っていたら、『ガチャ』

 

!?

 

空いたと思いきや女性専用の方。

 

チッ!

ん?

 

女性専用から出てきたのは、成人男性。

 

おいおい、ずっこいやないか!!!!と思っていたら、もう一つの方からガチャ!

 

よっしゃ!と思い、男女兼用の方に突撃!

 

すると、前の人の使い方が悪く、便器の中も最悪状態で臭いもかなりこもっている。

 

でも仕方ありません。ここは我慢して私も溜めに溜めていたキャノン砲を発射しました。

 

直ぐに済ませ、トイレを出ると目の前に超接近戦でお爺ちゃんが立っていました。

 

私の次に使う感じでトイレの中へ・・・

 

私はトイレを使用させてもらった変わりに梅のミンティアを購入し、お店を後にしました。

 

すると、私の入れ違いにトイレに入ったお爺ちゃんが私のすぐ後ろに・・・

 

『トイレ汚したらアカンやろ・・・』

 

『え? すみません』

 

完全にあの状態のトイレを作ったのが私だと勘違いされていたようで、何故か私に怒りの矛先をぶつけてきます。

 

取り敢えず、謝ったし、いいか。と思いお店を後に歩いていると、地面の影の私のすぐ後ろに・・・

 

そう、あのお爺ちゃんが私の直ぐ後ろを追いかけてきます。

 

影でしか確認していませんが、完全にさっきのお爺ちゃんです。

 

立ち方?歩き方?が独特だったので、私は完全にお爺ちゃんだと確信が持てました。

 

この影をよく見たら、エヴァンゲリオンやんけ!?』と思い、途中から怖くなってちょっとダッシュ

 

お爺ちゃんとの距離は多少開きましたが、車の位置がバレるのを何となく嫌だった私は駐車場を超えて曲がり角を曲がって、そこから本気目のダッシュ

 

ちょっと時間を置いてから車に戻ると、エヴァは私を探しているのか駐車場付近でウロウロ・・・

 

 

15分位してから暑さにやられたのか、急に腰を曲げてコンビニの方角へエヴァは戻っていきました。

 

エヴァは私に何を伝え、何をさせたかったのか・・・

 

 謎に包まれながら、本日も終わりました。

 

 

 

 

 

強烈な『なんでやねん』を炸裂!

 

f:id:wepm111189:20200726112753p:plain

 

こんにちは。

今日のちょっとニヤニヤする話しは・・・

 

 

 

 

昔、会社に居た子の話しを思い出しました。

 

その時は人生でベスト5に入る『なんでやねん!!』を炸裂させたと思うので、皆さんにも共有しておきます。

 


20代半ばの部下と同行していた時の話しです。

その子はあんまり運転が上手でなくて、横に乗っていても結構危ない感じ。

 


仕事の会話をしながら、気分良く運転していると中々の細い道へ・・・

 

内心、『こいつ、多分当てるな。』と思っていた矢先に、急ブレーキ!

 

『どした!?』

 

『いや、ここ曲がりたいんですけど多分電柱にあたります。』

 

・・・何を格好つけて、メチャダサい事言うてんねん⁉

 


自信あり気に言うセリフに『なるほど』と思いましたが、全然格好よくありません。
危うく騙されるところでした😱

 


そして、状況を確認すると、誰がどう見ても曲がり切れる余裕があり、怖がってはいましたがハンドルを一杯に切って曲がり切らせました。

 

それもまた遅いのなんの・・・『はよ行けや!』と心の声で7回は呟いたと思います。

 

『運転自信無いなら変わろうか?』

 

私が念のために聞くと、『いや、大丈夫っす!ちょっと昔、人ひいたのがトラウマで・・・』


・・・!? はよ言えよ!!

 


話しを聞いた内容を簡単に紹介すると、、、、

 

お婆ちゃんを軽くひいた事があり、車を降りてケガの確認。

 

軽傷で済んでいる事を確認し、お婆ちゃんを車の当たらない路肩に運んで、車も駐車。

 

しかし、その駐車している時にバックで座っているお婆ちゃんに再度アタック!!

 

連続で二回もひいてしまうという失態。

 

 

どうやったら、そんな事になるねん!

 

幸い、そのお婆ちゃんも『止め刺されると思ったわ!』と笑い話のレベルらしく、事は大きくならなかったそうです。

 

『なんでやねん!


その話しを聞いてから、そいつと行動する時は二度とハンドルを握らせることはありませんでした。

 

 

自己紹介

日本の都市伝説:『笑うせえるすまん』の笑えない予言|あげてけ!

 

初めまして。

笑ゥサラリーマンです。

 

かなりの暇人なので、日常であった自分的に面白い話しを皆さんにも共有し、少しだけニヤニヤしてもらえたらと思います。

 

 

 

4連休という事で油断をしていると、仕事の電話がわんさか・・・

 

有難い話しではあるんですけど、辞めようと思っている会社なので気持ちが前のめりになりません。

 

それでも仕事は真面目にやりますけど( ゚Д゚)

 


あるお客様からコロナに関する問い合わせがきました。

 

このお客様、絶妙に活舌が悪く電話で何を言ってるか正直聞き取れません 笑

 

何となく雰囲気では分かるんですが、内容が内容だけに、そして仕事なので勇気を振り絞って聞き直す事に何度もトライするも結果は変わらず😱

 

余計に迷子になった私はタジタジ・・・(^▽^;)

 

しかし、お客様は完ぺきに説明してくれているつもりで、自信を持って何度も同じ説明。

 

一回、一回、ドヤ顔が目に浮かぶほどのレベルです 笑

 

ちょっとぐらい表現変えてよ⁉って思うくらい同じ説明で、向こうも何回言わすねん!的な感じでお互いちょっと苦笑い 笑

 

恐らく、向こうは私が耳の遠い人だと思っているし、私は超活舌が悪い人だと思ってるし、、、

 

何とかせねば・・・

 

という事でショートメールでやり取りがスタート!

 

流石は上場企業の偉いさん。

今度は文章力の高さは半端なく、更には送信スピードも圧巻のレベル(;^ω^)

 

小刻みに打たれた内容が連打で私の携帯を鳴らし続けます。

 

シュパッ! シュパッ! シュパッ! シュパッ!

 

『早いっちゅーねん!?』

 

私も必死に応戦しますが、スピード感が合わず会話にどんどんズレが生じる有様 笑

 

私は何とか『はい』『なるほど』『畏まりました』の連打で喰らいつきますが、先方は言いたい事を言って、フィニッシュ!!!

 

私は必死で区切られた文章を何度も読み返し、仕事を前に進めました。

 

休日でしたが、かなりのプレッシャーがかかる日でした😱

 

なんて日だ⁉