ちょっとしたニヤニヤ出来る話し

日常で起こるちょっとだけ笑える話しを発信します。

ミルクボーイ

笑ゥせぇるすまんにハッピーエンドが存在した 悪魔のような喪黒福造が ...

 

どうも

笑ゥサラリーマンです。

 

先日の仕事での電話のやり取りを紹介します。

 

コロナの陽性反応に対する消毒作業は基本は現場の人達では実施せず、専門部隊に任せます。

陰性であった場合は、予防策として現場で実施してもいいのですが、金額が倍近く違うので、現場の人達は陽性現場に走りたいという思いがあります。

 

そこで、電話があった現場の人と私とのやり取りは次の通りでした・・・

 

 

現場『もしもし。笑ゥさん忙しいところすみません。』

 

笑ゥ『どうされましたか?』

 

現場『自分の担当する客先でコロナの消毒作業の依頼がありまして・・・』

 

笑ゥ『陰性ですか?』

 

現場『それが分からないんですよ。お客さんがハッキリ言わないので…』

 

笑ゥ『どちらかハッキリしないと身動き取れないですね?』

 

現場『ただ、お客さんはサッと短時間で簡単にしてくれるだけでいいから、と言うてるんです。』

 

笑ゥ『それなら陰性ですね。金額は弾けますか?』

 

現場『面積は分かるので算出出来ますが、分からないのは防護服など、感染しない様に完全装備で実施して欲しいとお客さんから言われているので、その分は幾らですればいいですか?』

 

笑ゥ『って事は陽性やないですか!お客さんが完全装備で来いという事は危険性が高いという事から、陽性者が出たという事でしょ?』

 

現場『ただ、お客さんの営業は止まってませんし、いつも窓口してくれている総務部長の人も陽性者が出たとかいう情報は持っていなかったので・・・』

 

笑ゥ『ほな陰性ですかね・・・総務部長は会社全体の状況を大体把握しているから、総務部長が知らんという事は予防策ぐらいの話しでしょうね』

 

現場『ただ、先方社長がPCR検査受けてから出社してないって言うんですよ』

 

笑ゥ『ほな、陽性やないか! 恐らく社長さんが陽性出たとなれば、会社として混乱を招いてしまう可能性があると踏んで、内密に処理したいという気持ちが見え見えのパターンやと思いますよ?』

 

現場『私もそうやと思ったんですが、、、先方曰く、作業は社員の出社していない深夜の時間帯にやって欲しいと・・・』

 

笑ゥ『陽性やないかい! 社内で消毒作業をするという事が社員にバレたら、誰か陽性反応出たのか?と騒ぎになるので、誰も見ていない時間帯に白々しく終わらせておくという魂胆がめちゃめちゃ出てる事象ですやんか!陽性で決まりですやん!』

 

 

といった様子で10分ぐらい色々とやり取りしました。

私は『この流れは・・・?』と咄嗟に気づいて楽しみながら話しをしていたのですが、現場の方は60歳を超えた年配の方でミルクボーイ自体を知らないとの事です。

 

こんな事もあるんですね・・・笑

では、また・・・